http://mukumori.futagoyama.net/
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
大吟醸 山田錦

 
ででーん!
やっと石鹸にして良いと許可が出ました!!
私はお酒が飲めないので、いつか石鹸にしてやろうとずーっと狙っておりました。

昨年デパートで木箱に入ったこの大吟醸を発見。
主人は呑んでみたい、私は箱が欲しいと互いの利益が一致し、購入に踏み切りました。
が、何故か肝心のお酒は一向に減らず、ずーっと半分ほど残ったまま。
交渉を試み、権利を勝ち取りました。
早速この山田錦と馬油で石鹸を作りました。
新年の精油祭りで獲得した、ナグチャンパの精油で香り付け。

木箱には、私の宝物が入っています。



SOAP MATERIAL ◆ comments(4) trackbacks(0)
どくだみ


昨年庭で採れたどくだみ。
どくだみの写真を撮影し忘れてしまったので、
採れた場所の写真を。

ここの手前にワッサワサ生えていて、凄い匂いでした〜。
夏、白い花が咲く頃に収穫しました。


このどくだみを、エタノールを使ってオリーブ油で抽出。
先週ようやく石鹸にしました。
約2ヶ月ぶりの石鹸作成。やっぱり楽しい!

そして、BGで抽出したエキスも投入。

さてさて、どんな使い心地の石鹸になるか楽しみです。
ジェル化したのでますます楽しみ♪



SOAP MATERIAL ◆ comments(2) trackbacks(0)
はまなす


函館の海の見える公園で、綺麗なはまなすの実を発見。
9月のことなので、紅葉から季節が逆行します。
どうかお許しを・・。

こちらが実です。

つやつやと赤い実が可愛いです。

ハマナスの花

はまなすは、北海道ではそこら中で目にします。
たくさん見かけると思ったら、北海道の「道花」なんですね。
英語では「Japanese Rose」というそうです。
花びらのお茶はアイヌの人たちにも飲まれていたようです。
色々調べていくと面白い。


果実はローズヒップと呼ばれ、ビタミンCがたっぷり!

収穫した果実のがくと種を取り除き、
水と一緒に煮つめてブレンダーでピューレ状にしました。
石鹸に使えなかったブレンダーはここで活躍(笑)

味はまさにトマトピューレ。
ローズヒップはトマトの味がします。
このはまなすペーストで石鹸を作りました。


SOAP MATERIAL ◆ comments(6) trackbacks(0)
4種類の蜂蜜


4種類の蜂蜜を買ってみました。

左奥から時計回りにメキシコ産のオレンジ、
ニュージーランド産のクリームクローバー、
スペイン産のラベンダー、グアテマラ産のコーヒー。
原産地も色も香りも全然違うので、とても面白いです。

中でもクリームクローバーがお気に入り。
少し変わった質感で、クセが無くて食べやすいです。
蜂蜜の世界も、奥が深いなぁと思います。

この4種類の蜂蜜を使って、それぞれ違う石鹸を作りたいと思います。


SOAP MATERIAL ◆ comments(2) trackbacks(0)
ハイビスカス


キャン姫さんからいただいた自家製のハイビスカスです。
ハイビスカス
ハイビスカスのドライフラワー、こちらをハーブティーにしてみました。

ハイビスカスエキス
赤い!!
とっても綺麗な色ですね〜。
そして、驚いたのはその味。
おーいーしーいー!!!
酸味があって、香りも良くて、なんと言うか梅酢の塩分が無い感じです。
梅味のものには目が無い私には、これ、衝撃的でした。
毎日でも飲みたいぐらい!
キャンさん、ありがとうございます

このハイビスカスティーで石鹸を作ってみました。


作った石鹸◇◆◇  
+ Vitamin Flower +

SOAP MATERIAL ◆ comments(0) trackbacks(0)
熊笹


昨年の秋、初雪の降る頃熊笹を採りました。
熊笹とは、熊が出そうな深い山に生息する笹・・ということらしいです。
正式には恐らくチシマザサ(学名:Sasa kurilensis)かなと思います。
(本州によく生えている隈笹(クマザサ)とは種類が違いそうです。)

ここの上から何枚目かの新めの葉っぱと、公園2
ここの葉っぱを採りました。
笹の宝庫です!公園
ちょうどこの周辺で熊が目撃された頃だったので、
うかつにも黒いコートで笹薮に入ってしまった私は
クマに遭遇するよりも、間違えて撃ち殺されないかの方が心配でした (笑)。

水分が抜けて濃いグリーンの葉っぱをしっかりと洗い、
室内でじっくり乾燥させて細かく切ったものがこちら。
熊笹
乾燥中は笹の青臭い良い香りが室内に漂っていました。
笹の匂いって癒されますよね。
(実は今も第2弾を乾燥中。
新しい葉っぱなので秋の葉とは色や硬さが全然違うんです。)

これをミルにかけてさらに細かくし、オリーブオイルで抽出です。
冷浸法と、エタノールを触媒にしたウルトラ抽出法の2種類を作り比べました。
熊笹抽出
左が冷浸法、右がウル抽です。こんなにも色が違います。
石鹸にもしっかりと色が反映されました。
作った石鹸は近々アップします。


作った石鹸◇◆◇  
+ クマザサ +
+ 熊笹石鹸 +

SOAP MATERIAL ◆ comments(2) trackbacks(0)
ラフィノースビオチン


珍しいオプションを使ってみました。
ラフィノースビオチン
ご縁があって、有限会社サンキットの方とお知り合いになりました。
そこで出しているラフィノースビオチンを使ってみることにしました。
市販されている化粧品にも配合されているそうです。

サンキットはよくドラッグストアで見かけるコラーゲンはだあめや
コラーゲンかりんとうなどを出している会社。
北海道産の素材にこだわって商品を製造しているようです。
かりんとうはサクサクしていてとっても美味しいんですよ。

ラフィノースビオチン
こちらのラフィノースビオチンは北海道産の甜菜(ビート)から抽出された
ラフィノースに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素のビオチンと砂糖が
配合されています(パッケージより抜粋)。
ラフィノースについては、こちらに詳しく載っていました。
色々な効能があるようです。

ラフィノースビオチン
粒子はまっ白で細かく、粉雪のような感じです。
甘味は砂糖ほどありません。
水には溶けにくいので、混ぜるときは湯煎で溶かして加えました。
作った石鹸は後日アップします。


SOAP MATERIAL ◆ comments(4) trackbacks(0)
| 1/2 | >>