http://mukumori.futagoyama.net/
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
Wood Wax

 
石鹸のアップに飽きたので(・・もう?)
ずーっとやらなくちゃと思っていたことをやりました。
そう、テーブルのワックスがけです。

食卓として使っているウォールナットのテーブルはオイル塗装。
ウレタン塗装と違って、手触り、見た目が自然で良い反面、
水濡れや油が跳ねたりすると染みになる欠点があります。
気になりつつもずいぶん放置していたので、
かなり悲しいことになっておりました。

ようやく重い腰を上げ、Wood Wax作りました。

最初ジャム瓶で作ったところ、口が狭くてワックスを取るのが大変・・。
口の広い瓶が無く、自分で焼いた器に作り直しました。
器ならいくらでもあるので・・。失敗作が・・・。

古信楽に鉄赤をかけたこの器。
鉄赤は良い味が出るお洒落な釉薬なのですが、
教室のは濃いせいか垂れるのが難点です。
垂れるのが怖くて釉薬を削り取りすぎ、高台周辺がハゲチョビン。
でもようやく日の目を見る日が来ました。良かったね!
いつかこの鉄赤をかけた土鍋作りたいな・・。

さて、ウッドワックスには乾性油が向くそうです。
有名なのは亜麻仁油や荏油、胡桃油など・・家には無い!
なので、唯一あったひまわり油をベースに
蜜蝋とラベンダー精油を合わせて作りました。
香りはウッディーの方が良かったかも・・。
ピカピカに光っているテーブルで、今宵は気持ちよく夕飯を食べられそうです。


CRAFT ◆ comments(4) trackbacks(0)
ソイワックスキャンドル


冬に作ったソイキャンドルです。
ソイキャンドル
アップするのをすっかり忘れてました!!

左が緑茶、右が紫紺の抽出油で色付けしています。
緑の方はグリーン系、ピンクはフローラル系で香り付けしました。
精油2%を加えて着香です。

キャンドルを直嗅ぎすると良い香りです。
が!火を灯したときにはほとんど香りませんでした。
ウ〜ン・・。
噂には聞いておりましたが、大量の精油を使いますね。

次は瓶タイプで香りはこうして・・と色々決めていたのですが、
なんだかすっかり熱が冷めてしまいました!
外が暖かくなったからでしょうか・・・。
キャンドル熱が再燃したら、また作りたいと思います。



 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
ランキングに参加中です

CRAFT ◆ comments(2) trackbacks(0)
キャンドル - 蜜蝋 -


蜜蝋でキャンドルを作りました。蜜蝋キャンドル カヌレ
未精製の蜜蝋に、ソイワックスも混ぜております。
こっくりとしたクリーム色に仕上がりました。

ずーーっと作りたかった蜜蝋キャンドル。
蜜蝋・ソイワックス・芯や座金も
全て揃えてから気が付きました。
芯はどうやって通すの??
型に穴は開けたくないので、
予め芯をセットして蝋を流し込む方法はムリ・・。
芯を吊り下げて固める方法も
下の部分がトップに来るからダメだし・・
としばらく悩んでおりました。

そこへ、ブログでお友達になったキャン姫さんから、
芯の通し方をとっても親切に教えていただきました!
本当にありがとうございました。

その方法で、大成功でしたよ〜。
嬉しくて、さっそく点灯☆蜜蝋キャンドル 点灯
良いですね〜。
ろうそくの炎がもつ『1/fゆらぎ』というリズムは、
小川のせせらぎ、風の音、ホタルの光などにもみられ、
癒しの効果があるとされています。
キャンドルにもはまりそうな予感がします・・。



石けんではないので控えめに・・
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
ランキングに参加中です

CRAFT ◆ comments(4) trackbacks(0)
| 1/1 |